千葉県出身

千葉県出身

維持会奨学金採用状況(2007~2018年度)
総計
18名

慶應義塾維持会奨学金の正式採用をいただいたことに、まずは心より感謝致します。ありがとうございました。お礼の気持ちを伝えるにあたり自分の学生生活の現状と、現在の正直な気持ちを書こうと思います。
慶應義塾大学に進学が決まってから、常に素晴らしい環境の中で学べることに対しとてもありがたく感じてきました。それと同時に母子家庭である現状をふまえると、学費については自分なりに色々な思いがあり、家計への負担はいつも頭から離れませんでした。片道2時間の通学時間と、家庭での学習時間を考慮すると、長期の休み期間以外は、自らアルバイトで稼ぐというのは難しく、そんな中、この慶應義塾維持会奨学金は、僕にとって本当にありがたい制度です。普段から基本的には、真面目に学習してきたつもりですが、決して理解力に長けている方ではありませんので、他の人よりも学習時間を多く取るよう心掛けてきました。その結果が成績として評価につながり、そしてこの奨学金制度に申し込むこともできました。このことは、自分にとって何よりも励みであり、また努力が結果につながったという達成感を感じられることでもあります。いただいた奨学金は全て学費に使わせていただきたいと思います。4年生になり研究室での新しい環境のもと、忙しい毎日に戸惑うこともありますが先輩方と接する時間も増え、3年生までとはまた少し違った緊張感とやりがいを感じています。将来の具体的な就職希望も含め、大学での研究を生かしながら、そして将来社会貢献が少しでもできるような仕事に就けるよう努力していきたいと考えております。このように夢をもって研究に向かえることは、家族の応援・支援はもちろんのことですが、改めて慶應義塾維持会の奨学金制度に採用していただいたことに深く感謝するばかりです。慶應義塾大学そして維持会の皆様の気持ちに恥じぬよう、自分なりに塾生として誇りを持って、これからも学生生活を有意義に送りたいと思います。

千葉県出身 理工学部4年(2018年度)


この度は慶應義塾維持会奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。私自身の今までの頑張りを慶應義塾維持会の皆様にお認めいただいたと思いますと、この上なく喜ばしく思われますとともに、今後いっそう勉学やアルバイトを通した社会貢献に努めようという気持ちになります。この度頂く奨学金の使い道についてですが、すべて学費に充てさせていただきたいと思っております。そうすることで私の両親への負担を減らすことができればと考えております。
私が本塾の薬学部薬科学科に入学したのも、薬学研究・開発といった職に就きたいという考えのもとでございます。この目標を叶えるためには、薬学部の授業の中で目の前にある多くのステップを1つずつ乗り越えていくことが不可欠であり、今現在私はその真只中におります。まだ入学して3ヵ月も経っておりませんが、私は私自身が受けてきた授業に対して大きな手応えを感じております。と言いますのも、薬学への招待・薬科学概論という2つの薬学導入の授業はもの凄く難しいながらも、今現在まさに行われているような研究についてのお話や、将来への展望を広げてくれるような知識など、今後薬学研究などに携わることを志す私にとって大変役に立つだろう内容を教えていただきました。これらの内容に対する現段階での私の理解はまだ漠然としておりますが、今後の授業において具体的に学びたいと思います。特に薬理学は医薬品の生体への作用の仕組みを学ぶ学問であり、まさに私が薬学に興味を持ったきっかけとなった内容を学ぶので、とても楽しみにしております。来年以降しっかり学べるようにするためにも、1年生の授業で土台を作っていきたいと考えております。今後も初心を忘れないような生活を続けていきたいと思います。

千葉県出身 薬学部1年(2018年度)


この度は慶應義塾維持会奨学生に採用していただきまして誠にありがとうございます。父の定年退職や母の死によって家庭収入が激減しており、僕と弟の養育費や授業費を賄いきれるのか不安でしたが、奨学金の受給により家庭の金銭的問題の心配が軽減されました。また、僕はすでに高校時代に学校や予備校、家庭教師の授業料を親に負担してもらっていました。しかし、国立大学と比べると授業料が高い私立大学に入学することとなり、とても申し訳なく感じていました。そのような中で奨学金の受給が決まり、親に対しての申し訳ない気持ちが和らぎました。本当に奨学金の採用ありがとうございます。奨学金は授業料や教材費に充てたいと思います。
将来は金融に関わる仕事に就きたいと考えているので、大学の授業の中でも商業学や経済学に重点を置いて講義にのぞみたいです。また、就職の際に資格を持っていると一つの強みになると思うので、簿記やファイナンシャルプランナーといった資格を大学在学中に取得できるよう勉学に励みたいです。そして僕は英語がとても苦手なのですが、これから先には英語の能力が求められてくると思うので、大学の英語リーディングや英語コミュニケーションの授業はもちろん、英検やTOEICに向けた勉強もしたいです。

千葉県出身 商学部1年(2018年度)


奨学生のメッセージ 奨学生の出身地別に掲載しています。