群馬県出身

群馬県出身

維持会奨学金採用状況(2007~2018年度)
総計
27名

このたびは、昨年、一昨年に続き、慶應義塾維持会奨学生として採用していただき、まことにありがとうございます。私の家族はいわゆる大家族であり、所得も高いとは言えず、苦しい生活が続いておりました。さらに、薬学部である私の高額な授業料、高額な専門書の購入などによって、生活は益々逼迫している状況でありました。そういった状況下で、再び採用していただいたことに家族ともども大変喜んでおります。経済的な負担が軽減し、私も安心して勉学に身を置くことができると思いますと慶應義塾維持会の皆様には感謝の念に堪えません。
薬学部である私のスケジュールは大変過密なもので、忙しい毎日を送っております。サークル活動においても、最高学年であるため、統括し指導する立場であり、当然、練習を怠るわけにはいきません。そういった毎日のうちの僅かな時間をアルバイトに充てておりますが、昨年以上にその時間は減ってまいりました。自身だけでは生活費を賄えなくなるようになり、両親に今まで以上に頼ることになったため、益々苦しそうでした。経済的負担の問題は私だけではなく、私の三人の弟妹の学費のこともあり、やはり両親は苦労が絶えないようです。このことを踏まえ、奨学金の使途と致しましては、学費と、一部を私の生活費の補助に充てたいと考えております。また、資格試験や専門的な知識を深めたいとは常々考えておりましたが、やはり、専門書は高額でありなかなか手が出せない状況でありましたので、これを機に、専門書などの購入も考えています。
薬科学科である私は、将来研究職に就いて広く社会の役に立ちたいという思いのもと、怠りなく勉学に励んでまいりました。そのためもあり、無事希望の研究室に配属されることが決定し、今では毎日研究に明け暮れております。努力というのは、単純に時間や量だけで量れるものでは決してないとは思いますが、客観的に見ても、今の自分は努力できているのではないかと思っております。研究室に配属されてから9か月が経ちましたが、やはり、将来研究職に就きたいという思いは揺るがず、今よりもさらに努力せねば、と思っており、そのような状況で奨学金を頂けたのは本当に幸運なことであると思います。経済面に対する不安感を払拭できた今、より高みを目指し、精進して参ります。
最後になりますが、昨年、一昨年に引き続き今年も維持会奨学金の奨学生に採用して頂きましたことに本当に感謝しております。この感謝の気持ちを忘れることなく、維持会奨学生であるという自負を以って他の模範となれるよう、いっそう努力してまいります。

群馬県出身 薬学部4年(2018年度)


この度は慶應義塾維持会奨学金の給付者に採用していただきありがとうございます。採用が決まった時はとても嬉しく思い、すぐに家族へ伝えたことを鮮明に覚えています。
今回給付していただく奨学金は主に食費や交通費、学費等に充てたいと考えています。
私は自宅から大学まで毎日約40分かけて通学しています。交通手段は徒歩と電車です。毎日電車を使うため、交通費は大きな出費であり、生活を窮屈にするものです。同様に、食費も毎日かかり、大きな負担となります。また、私の家では現在兄も私立大学に通っています。私と兄が2人とも私立大学に通っている事を考慮すると、合計した学費は決して安くありません。今回奨学金に応募した理由は、これらの出費の中での生活に少しでも助けが欲しいと思ったからです。奨学金の給付が決まったことで、それが生活の支えになることは間違いありません。
私は4年間の大学生活をメリハリのあるものにしたいと思っています。学びと楽しみをバランスよく体現し、4年後に充実したと思えるよう、日々全力で過ごしたいです。多くの人にとって大学に通う1番の目的は、学びを深めることだと思いますし、もちろん私もその一人ですが、一生のうちに4年間しかない限られた時間の中で、学ぶことだけで終わってしまうのではなく、大学で出会う先輩や友人との関りも勉学に負けないくらい大切にしたいです。また、今までにやったことのない新しいことにも挑戦しようと思い、軟式野球サークルに入りました。私は高校生までサッカーを続けていたので、野球は全くの未経験ですが、これからの練習で上達して経験者に負けないようにしたいです。今ではこのサークルで良き先輩と友人に恵まれ、楽しく練習に打ち込めています。この先も、慶應義塾維持会への感謝を決して忘れることなく過ごしたいです。

群馬県出身 商学部1年(2018年度)


この度、慶應義塾維持会奨学生として採用していただいたこと、厚く御礼申し上げます。
私の家庭では、大学生の兄弟三人と今年度大学受験を控えた弟を抱えており、兄弟全員分の学費を工面することが困難である状況が続いておりました。特に私と同様に私の弟も私立の学校に通っており、さらに私は今年度から学外の予備校に通うことにもなりましたので、私たち兄弟に必要な学費により益々の家計の逼迫が予想されておりました。少しでも両親の負担を減らすため、私は一人暮らしをあきらめ郷里の群馬より毎日大学に通っておりますが、それでも支出を切り詰めるには限界があり、今後の学費工面については常々頭を悩ませていたところでございました。そのような折に、慶應義塾維持会の奨学金を受けることができることになり、家族共々感謝の念に堪えません。今回頂くことができました奨学金により私としても学費の心配が減りましたので、学業に集中して取り組むことができるようになりました。このようなご支援を頂き学業を続けていくからには、一日一日を大切にし、自らの可能性を最大限度発揮できるよう、誠心誠意日々研鑽を積んでいきたいと考えています。
改めまして、慶應義塾維持会の皆様には、重ね重ね御礼申し上げます。維持会の皆様のお蔭をもちまして学業を続けていけるということを日々忘れず、今後とも真摯な気持ちで励んでいこうと思います。そして、慶應義塾で学んだことを生かし、社会に貢献することができるように、全力で学業やその他のあらゆる活動に邁進していきたいと考えております。また、ゆくゆくは、私にこのように学びの機会を与えていただいたことに恩返しができるようになりたいと思います。

群馬県出身 法学部2年(2018年度)


奨学生のメッセージ 奨学生の出身地別に掲載しています。