熊本県出身

熊本県出身

維持会奨学金採用状況(2007~2020年度)
総計
28名

この度は應義塾維持会奨学金に採用していただき、誠にありがとうございます。
今までは生活費や学費の捻出の点で不安の多い日々を過ごしておりました。両親の収入が少ないため、生活費や学費を実家に頼るのは難しい状況でした。また、日本学生支援機構から奨学金の貸与、給付を受けているのですが、その奨学金では生活費を工面するので精一杯であり、学費の工面は困難でした。さらに、今年は新型コロナウイルスの影響でアルバイトが減り、また新しいアルバイト探しも困難な状況でした。以上のような理由で、生活費や学費の工面に不安を感じていました。
しかし、皆様からの奨学金のおかげで、安心して勉学に励むことができます。私は今大学4年生であり、大学生として過ごせる時間は残り少ないですが、最後に素晴らしい成績を残せるよう、一生懸命努力しております。大学三年生の時点で、卒業に必要な単位はすでに取り終えているのですが、今年は大学の授業を受ける最後の機会であるため、日本史や西洋史、東洋史など、興味のある授業を多く受講しています。現在は、これらの授業をリモートで受講し、課題に取り組むという日々を送っています。これらの授業で、最高の成績であるS評価を取れるように目指しております。また、今年は卒業論文の執筆も行っていますが、小さいころから好きであった『三国志演義』をテーマとして選んで研究に取り組んでいます。図書館の入館制限など、今年は困難な状況もありましたが、草稿を完成させる段階まで無事に進めることができました。今後は、ゼミの先生の添削や指導を踏まえて、大学生活の集大成として誇れるような立派な卒業論文に仕上げていきたいと考えています。このように勉学に励み、充実した最後の大学生活を送れるのは、慶應義塾維持会の皆様の支援のおかげです。
私は、今回のみでなく、大学一年生の時から毎年、慶應義塾維持会奨学金をいただいてまいりました。大学の4年間、勉学に安心して取り組み、充実した大学生活を送ることができたのは、皆様のご支援のおかげです。改めて、最後にお礼を申し上げます。卒業後はIT系の企業に就職する予定ですが、ITの分野から社会の発展を支え、慶應義塾の名に恥じないような人材になることで、皆様からの御恩に報いたいと考えております。

熊本県出身 文学部4年(2020年度)


この度は奨学金のご支援をいただき、誠にありがとうございます。採用していただけたことに家族一同大変安堵しております。長年憧れていた慶應義塾大学に進学したものの、大学の学費、地元を離れ一人暮らしするための費用に加え、度重なる災害による実家の修繕費など想定外の出費も嵩み、就学に対する経済的不安がありました。そのためこのような不況の中、ご支援を賜り学び続けさせていただけますことを、大変ありがたく思うとともに、維持会会員の皆様に深く御礼申し上げます。
高校までとは全く異なる、様々な背景のもとで育ち多様な価値観を持つ友人と過ごす慶應義塾での日々は私にとってかけがえのないものであり、進学してよかったと心の底から感じております。そのような学生生活の中で地元に比べ首都圏では大学進学や初等教育に対する考え方が進んでいることや、そもそも地方出身者が少ないこと、思いのほか九州に関心をもつ人が多くいることに驚きました。入学当初は弁護士を志していたのですが、地元熊本で大学進学を志す学生に支援できる事業の創設や、熊本を含めた九州全体の活性化に携わる職業への就職を考えるようになりました。
どのような道に進むにしても大学での学びに加えて主体的な学びを必要としており、今までは学費や生活費を賄うためアルバイトの比重が大きく、最低限の学業をこなすので精一杯でそのような余裕がありませんでした。これからは頂いた奨学金によりアルバイトを減らし、起業や地域活性化についての学習や以前から興味のあった言語学の副専攻認定のための時間に充てたいと考えております。
最後に維持会の方々への感謝の気持ちを胸に、まだ将来像が明確ではありませんが、まずは様々な経験をすることで、社会に貢献できる人間となるため精進してまいります。いつか立派に成長した暁には、頂いたご恩を次世代の塾生へのサポートという形で返してまいります。改めまして、この度慶應義塾維持会の奨学生として採用していただいたことに対して重ねて御礼申し上げます。

熊本県出身 法学部1年(2020年度)


この度は慶應義塾維持会の奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。家族一同心から感謝すると共に、私もとても光栄に思っています。
私は熊本県出身で、授業料、寮費、生活費で両親に負担をかけています。私の将来の夢のためにと本学への入学を後押ししてくれ、今でも一生懸命働いてくれている両親の負担を軽くすることができてとても安心しています。採用していただいたことを誇りに思いながら、身を引き締めて今後の学生生活を送っていきます。
私は、小学生の頃にアフリカで生活した経験があり、社会問題を解決し、世の中の苦しんでいる人たちを助けたいという思いから慶應義塾大学法学部政治学科を志しました。特に、スラムを訪れたり、ショッピングモールのテロ事件を経験したりして、貧困問題やテロ行為に対して問題意識を持っています。将来的には国際NPO団体や国連などの組織で働きたいと考えており、入学時には大学での講義を中心としながらも、外国語の勉強やボランティア活動など、様々な経験を積みたいと思い、希望に胸を膨らませていました。また、このように積極的に勉学に励み、課外活動を行うためには、勉学と課外活動、アルバイトのバランスを取りたいと考えていましたが、コロナの影響で春学期は地元で暮らし、将来と家計への影響に不安を抱えながらの大学生活のスタートとなってしまいました。秋学期からは上京したのですが、まだアルバイトを始めることができていないので、そんな中でこの度奨学金をいただくことができ、心から感謝しかつ少し安心したところです。
本年度はなかなか思い通りの学生生活を送れませんでしたが、来年以降は海外インターンを通して社会問題の解決を図るAIESECという団体での活動に本格的に取り組み、国際法、国際政治、外国語等の勉強に力を入れていきたいと考えています。そして、政治や法律の面から世界の問題を解決し、社会に貢献できる人材になれるよう、日々邁進していきます。
この度は本当にありがとうございました。

熊本県出身 法学部1年(2020年度)


奨学生のメッセージ 奨学生の出身地別に掲載しています。