三重県出身

三重県出身

この度は奨学金のご支援をいただきまして、誠にありがとうございます。
私は幼い頃からアレルギー疾患や貧血、肌荒れでお世話になっていた薬剤師に憧れて、地域の信頼の厚い薬剤師を目指し薬学部に入学しました。1、2年生では物理や化学、生物の基礎となる内容を授業で扱うことが多く、自分が薬剤師として社会に貢献する姿を想像できずにいました。しかし学年が上がるにつれて実際の症例やそれに近い設定でどのような対応をすべきか学ぶ機会が多く、現在日本の医療でどのような課題があるのか知り、自分がどのように医療に関わることで社会に貢献できるか考えるようになりました。
高齢化が加速する日本では、在宅医療として患者宅の大量の残薬管理やポリファーマシーが生じている患者の処方薬の見直しの需要が高まるとよく言われています。しかし私は在宅医療において薬剤師が活躍できる場面というのは残薬管理やポリファーマシーの改善だけではないと考えております。病院に比べて1人の患者に集中することができる時間も多く、また在宅訪問によって患者を観察することで、病院では見られない患者の普段の生活習慣や環境を知ることができます。医師は患者の病状の経過を確認、薬剤師は服用薬の効果や副作用の確認というように職種の違いによって視点が異なることを活かして、在宅医療のチーム全員が各視点で患者を観察することが重要です。
来年度から実務実習が始まりますが、目の前の患者が何を必要としているのかよく観察し、積極的に提案することを意識して実習に励みたいと考えております。まだ現場の薬剤師に比べて知識も経験も足りないので、不適切な提案をすることも多いとは予想できますが、指導薬剤師が誤りを訂正してくれる実習生のうちに自分から何かを考えて提案する経験を重ねることで、患者を第一に考える習慣がつき、知識も深まると考えます。
繰り返しになりますが、この度支援してくださった慶應義塾維持会の皆様に深く感謝し、今後とも社会で活躍できる薬剤師を目指して学業に励んで参ります。

三重県出身 薬学部4年(2021年度)


この度は慶應義塾維持会奨学金に採用していただき誠にありがとうございます。
現状のままでは経済的に勉学を続けていけるかわからないような状況であったため、このようにご支援いただくことになり本当に感謝の気持ちでいっぱいです。この慶應義塾維持会奨学金に採用してもらえたことで、自分は周りの方々から応援されていることを強く実感し、そのような応援にこたえられるように勉学をはじめ慶應義塾大学で様々なことを学び成長していきたいという思いが一段と強まりました。これからも慶應義塾維持会の皆様の支援あっての環境であるということを感じながら学問に励みたいと思います。
私は現在宇宙に関する興味を持っており、宇宙についての研究をしたいと考えています。その目標に対して長期的な計画を立てて継続的に努力を続けていくとともに、自分が知らないことに対しても積極的に取り組み自分の関心を広げていきたいと考えています。慶應義塾大学理工学部の特徴である学門制度はこのような私の考えを可能にしてくれる素晴らしいものです。学門制度によって1年生の間は様々な分野を学べるため自分の興味を広げ、2年生となって学科を決めるときは多面的な見方をもって学科を考えることができます。私は大学生になるまでは哲学にあまり興味がなく面白いものだと思っていませんでしたが、大学1年生としてとった哲学の授業は自分のイメージと違って非常に論理的で、とても興味深いものでした。このような新しい発見ができたのも慶應義塾大学の制度のおかげだと感じております。また節約のため大学生になって始めた自炊に関しても今では趣味となり、自分が試したことのないものに挑戦するということは新しい自分を発見する契機になるのだと感じました。
このような経験をもとに、今後とも自分の今までしたことのないことに対しても積極的に挑戦していきたいと思っています。現在はコロナウイルス感染拡大の収束のめどが立たない中ではありますが、そのような制限の中でも自分で工夫して新しいことに挑戦していきたいと思います。そして慶應義塾大学で学んだことをもとに社会貢献し、皆様に恩返しをしていきたいと思っています。改めて慶應義塾維持会の皆様に感謝申し上げます。ありがとうございました。

三重県出身 理工学部1年(2021年度)


この度は慶應義塾維持会奨学生として採用していただき誠にありがとうございます。採用の連絡をいただいたとき、家族以外にも私のことを支援してくださる方がいることを感じ、本当に嬉しく思いました。
私は対面授業の開始に伴って地方から上京し、一人暮らしを始めました。都会での一人暮らしは想像以上に生活費や光熱費などがかかり、家族に負担をかけてしまっていることを日々非常に心苦しく思っていました。こうした中、奨学生として採用していただけたことで、両親の経済的な負担を減らすことができ、アルバイトに追われることなく、充実した大学生活を送ることができるようになりました。貴会及び、貴会の皆様には感謝してもしきれない思いです。
慶應義塾に入学し、法学部に所属している私は法律科目や中国語という新たな学問を学び始めました。もともと法律を学びたいと思い、カリキュラムの整った慶應義塾で学ぶことを希望していた私にとって本当に幸せな毎日を送ることができています。各法律科目をご指導くださっている教授の方々はいずれも著書を出版されるような権威のある方々ばかりで、講義はとても面白く、そのような教授たちのもとで学ぶことができることにとても感謝しています。
また、秋学期から一部授業で始まった対面授業では、オンライン授業では実施できなかったようなグループ学習やプレゼンテーションをする機会が増えました。それらの学習を通じて、自分の意見を相手に伝えることの難しさを日々痛感しています。もともと自分の意見を相手に伝えることを苦手としていた私にとってこの機会はとてもありがたいものだと思っています。失敗を恐れることなく自分の考えを発信していきたいと思います。
現在私は、大学生活での学びをどのように将来生かすべきであるかについて考えています。具体的な答えはまだ見つかっていませんが、コロナ禍での大学生活を送ったという経験は決して無駄にはならないと考えています。コロナ禍で大学生活を過ごした世代であるからこそもっている強みを探して大学生活を有意義に送っていこうと思います。
最後になりましたが、維持会の皆様に奨学生として採用いただいたことに感謝し、大学生活がより充実したものとなるよう学業に励んでいきたいと思います。
慶應義塾維持会の益々の御発展を心よりお祈り申し上げます。

三重県出身 法学部1年(2020年度)


奨学生のメッセージ 奨学生の出身地別に掲載しています。