維持会への入会方法・加入特典

入会方法

会員

  1. 塾員(卒業生)をはじめ、保証人の方、一般の方、団体(三田会など)、法人、どなたでもご加入いただけます。(公職選挙法等により寄付が禁止されている方は、寄付募集の対象外とさせていただきます。)
  2. 会員には普通会員と終身会員があります。

年額一口1万円以上、何口でも結構です。 (できましたら二口以上のご協力を頂戴できれば幸いです。) 複数年分まとめての払い込みも可能です。(例:3年間分として3万円)

30万円以上を一括でお払い込みいただいた方となります。 既に終身会員の方で追加の寄付も有難く賜っております。

入会時期

いつでもご入会いただけます。

お申込み

お払い込み方法は三通りあります。


義塾からお送りする払込取扱票をご使用のうえ、金融機関窓口にてお払い込みください。
こちらのサイトから直接お申し込みください。
毎年、一定金額をお振り替えいただける方を対象とします。 「預金口座振替申込書」をご請求ください。

普通会員の方には、次回以降、払込予定月の2ヶ月前に払込取扱票をお送りいたします。

※個人の方のみご利用いただけます。 ※海外からのお払い込みはクレジットカード決済をご利用ください。

※「預金口座自動振替申込書」を毎月20日までにご提出いただきますと、翌々月からの振り替えが可能です。

義塾からお送りする払込取扱票をご使用のうえ、金融機関窓口にてお払い込みください。
普通会員の方には、次回以降、払込予定月の2ヶ月前に払込取扱票をお送りいたします。

こちらのサイトから直接お申し込みください。
※個人の方のみご利用いただけます。 ※海外からのお払い込みはクレジットカード決済をご利用ください。
毎年、一定金額をお振り替えいただける方を対象とします。 「預金口座振替申込書」をご請求ください。
※「預金口座自動振替申込書」を毎月20日までにご提出いただきますと、翌々月からの振り替えが可能です。


代表の方がとりまとめお払い込みください。
領収証は団体名で作成します。

慶應義塾維持会 新規ご加入または、追加のご寄付をお考えの方はこちら


法人税の税法上の優遇措置を受けることができます。

法人としてご寄付をご検討の皆様はこちら

加入特典

『三田評論』の贈呈


義塾の機関誌『三田評論』を芳名掲載号(ご入金から約2~3ヵ月後)からご加入期間、贈呈します。
(参考 : 通常 年間定期購読料4,600円)
【三田評論】
慶應義塾の機関誌。明治31(1898)年創刊。
時々の話題をわかりやすく解説した特集、講演録、随想、活躍中の塾員紹介、義塾の近況等が満載されています。小型総合雑誌としての充実ぶりは、各方面から高い評価が寄せられています。

◆詳しくはこちらをご覧ください
⇒ 三田評論(慶應義塾大学出版会株式会社)

記念品の贈呈


新規で終身会員にお申し込みくださったか方(既に普通会員の方が終身会員にお申し込みの場合も含みます)には、維持会オリジナル記念品を贈呈します。
本革トレイ(日本製・ペンマーク入り)
(贈呈するトレイの色は写真と異なります。)

税制上の優遇措置

寄付金控除を受けることができます。

>>税制上の優遇措置について詳しくはこちら