静岡県出身

静岡県出身

この度は昨年に引き続き慶應義塾維持会奨学金に採用いただき誠にありがとうございます。私は現在法学部の4年生として予備試験合格・法科大学院進学に向けて日々勉強に取り組んでいます。私の家庭は弟も大学生であり、私は一人暮らしをしていて家計が苦しく、父母の負担を減らすためにも奨学金に応募させていただきました。本来なら学費の工面のためアルバイトに多くの時間を割かなくてはならなかったのですが、奨学金を活用することにより経済的にも時間的にも余裕が生まれ、集中して勉学に取り組めるとともに充実した大学生活を送ることができました。
私はこの大学生活で1年次には海外留学、2年次には海外ボランティアの活動を行い、また所属しているフラダンスサークルでは三田祭・オリジナル公演で発表を行うなど様々な経験をさせていただきました。また3年次からはコロナウイルスの影響で対外的な活動はあまり行えませんでしたが、その分勉強に力を入れることができ、法律について深く学ぶことができました。基礎的な法律的素養を身に付けるため日々の大学の講義を大切にするとともに、ゼミにおいてはソクラテスメソッド式の授業で法的思考力を高めることができたと考えています。大学生活における学び・経験は自身を人間的に成長させてくれ、また将来の糧となりました。このような多くの経験と学びの時間を確保できたのも奨学金の支援があったからです。本当に感謝申し上げます。
私は将来高齢者を取り巻く法律関係について扱う弁護士になりたいと考えています。現代社会においては高齢者の自律した生活を送る権利を保護すべく介護保険法をはじめとする法律や後見制度など様々な制度が施行されています。そして流動する社会の中で今後ますますそのようなサービス・制度づくりが進められ、法律の在り方も変化していくと思います。私は高齢者の方々が個々のニーズに合った法・制度の選択・利用ができるように適切な法的解決策を示すなど、そのような方々の抱える不安や悩みを解消できるような弁護士になりたいです。このような夢をかなえるため、慶應義塾での学びを大切にして日々過ごしていきます。
末筆ながら、今回の採用について重ねてお礼を申し上げるとともに、皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます。本当にありがとうございました。

静岡県出身 法学部4年(2021年度)


この度は慶應義塾維持会奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。今回、奨学生として採用していただけたおかげで、今まで以上に学業や諸活動に専念することができるようになり、大変嬉しく思っております。
私は現在、新幹線通学をしているため通学に二時間ほどかかり、また妹が高校生、弟が中学生にいるという状況下にあり、これからの家庭状況を考えた際、両親の経済的負担を少しでも軽減することができるようにと慶應義塾維持会奨学金に応募させていただきました。
私は大学在学中、物事の基礎である法律を学び、その上で自分が社会に還元できることを探していきたいと考えております。特に、私たちの日常の様々な場面で働いている民法について学びを深めていく所存であります。それと並行して、種々の一般教養科目を学ぶことでさらに視野を広く持ち、物事を多方面から判断できるよう、物事の根本にあるさまざまな事情にも注視しより深い見聞を身につけたいと考えております。法律を学びながら一般教養科目も幅広く学ぶことのできる慶應義塾のカリキュラムを活用し、多様な視点で物事を捉え、考えられるよう、精進していきます。また、サークル活動にも積極的に参加していこうと考えております。私は、三田祭実行委員会というサークルに入会し慶應義塾最大のイベントである三田祭がより盛り上がるよう尽力したいと考えております。本祭に向けて活動していく中で、多くの人と出会う機会を大切にし、より広い世界に触れることで新たな価値観に出会えるのではないかと思います。新型コロナウイルス蔓延により、先行きが不透明な中ではありますが、今だからこそ自分たちができることがあるのではないかと考え、本祭成功に向けて一生懸命に取り組んでまいりたいと思います。
私は、学業や諸活動を通して、自己と向き合い、慶應義塾の名に恥じぬよう一層の努力を重ねる所存であります。最後になりますが、今回の採用につきまして重ねてお礼申し上げますとともに、慶應義塾維持会を通して支援してくださる皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

静岡県出身 法学部1年(2021年度)


この度は、貴会奨学生に採用していただき、誠にありがとうございます。アルバイトに時間を割くのではなく、全力で勉学に励むことができると考えると、非常に嬉しく思います。
今後の学生生活での目標は、吸収できることを最大限に身につけるということです。現在、全ての授業がオンラインで行われており、人との交流の機会が減少してしまっています。そのような状況だからこそ、授業中も授業外でも自分から積極的に行動を起こして、たくさん学ぶことを心がけております。現在、私が最も興味を持っている学問は心理学です。入学してから数ヶ月たった今でも、講義を受ける度に、義塾で最高の学びができていると実感して、とても嬉しい気持ちになります。この新鮮な気持ちを忘れることなく、学びをさらに深めていく所存であります。そして将来は、自身が身につけたことを生かして、社会に還元できるように精進してまいります。自身の成長のためだけではなく、社会のために、今後も勉学に全力を注いでいきます。
さらに、私は體育會競走部に所属しているため、そちらの活動にも全力で取り組みたいと考えております。今年の目標と致しましては、9月に開催される予定の全日本学生選手権でメダルを獲得することで、大学期間中での最大の目標は、3年後のオリンピックに出場することです。日々の活動に真剣に取り組み、仲間や支えてくださっている方々への感謝の気持ちを忘れずに、自分自身と向き合っていきたいと考えております。
ご支援していただいていることに恥じないように、義塾の独立自尊の精神を常の心に持ちながら、今後もさらに勉学に励んでいく所存です。そして、多くの知識と経験を積み重ねていくことで、学生として人として、大きく成長していけるように日々精進してまいります。最後になりますが、ご支援いただくことを心より御礼申し上げます。今後も大変な世の中が続くことが予想されますが、お体に気をつけてお過ごしください。この度は本当にありがとうございました。

静岡県出身 総合政策学部1年(2021年度)


奨学生のメッセージ 奨学生の出身地別に掲載しています。